Palantir、最新の資金調達で1億500万ドルを調達、評価額は200億ドル超に

アメリカのビックデータ分析企業 Palantir が、水曜日にSEC(証券取引委員会)に提出した資料によれば、彼らは最新のラウンドで 1億500万ドルを調達しました。

PitchBookのデータによれば、これによって同社は、総額 5億5400万ドルの資金を集めたこととなり、その評価額は202億ドルとなっています。

Palantirとは

Palantirは、シリコンバレーの最も注目を集めている(そして、最も秘密の多い)ビックデータ関連スタートアップです。共同創業者には、ピーター・ティールが含まれており、米国政府やウォール街の金融機関をクライアントに持っています。

彼らはCIAの投資部門であるIn-Q-Telや、ティールのFounders Fund、そしてTiger Global Managementなどから資金調達をおこなっています。

AUTHOR

石田健

石田健

1989年生まれ。THE MEDIA HACK 編集長。 大学在学中より、企業ブランディングファームに参画して、バイオ系上場企業の案件などを担当。 2011年の早稲田大学在学中に株式会社アトコレを創業。その後、大学院での研究生活を経て、2015年より株式会社マイナースタジオ代表取締役社長。2015年に株式会社メンバーズへ売却。 早稲田大学文学部卒業、政治学研究科修士課程修了(政治学)。