ニュース

コストの上昇をめぐって混乱しているF-15戦闘機の防衛計画

沖縄県から南西に伸びる南星島の鎖を守るために巡航ミサイルを発射できる20機のF-15戦闘機を保有するという日本の計画を狂わせる恐れがあると情報筋は語った。

2019年度から2023年度までの5年間の中期防衛計画は、2027年度までに巡航ミサイルを搭載するために改造された20機のF-15を航空自衛隊に提供するという目標を明確に定めている。

しかし、国防省筋は、F-15を改造するための2019年度予算に確保されたのは108億円(1億300万ドル)に過ぎないことを認めた。それはたった2機の戦闘機にとって十分なお金です。

2020年度予算に後付けするための資金は確保されておらず、同省は2021年度予算にそのような資金を求めていない。

当初の予算支出から戦闘機の実際の納入までに約5年が必要であり、2027年度までの艦隊の計画は長期の遅延に直面する可能性があります。

射程900キロメートルの巡航ミサイルを搭載したF-15は、中国がますます海上侵攻を行っている南方の島々への安全と侵入を撃退するための重要な要素と考えられています。

急騰するコストの多くは、改造の準備から生じます。

企業が国防省から委託された設備の製造を開始する前に、設計と試験、作業施設の建設、製造を行うための設備の購入にさまざまな費用を支払う必要があります。

これらの費用は、2019年度予算で412億円、2020年度予算で390億円の2年間で分割されました。

しかし、これらの金額では不十分だったため、国防省は2021年度予算に213億円の追加を求めている。

3年間で、改修に向けた総費用は1,015億円になります。

F-15は米国のボーイングによって開発されました。三菱重工業は、米国メーカーの技術協力により後付けを行う。

ただし、防衛装備品の調達は、米国政府の対外有償軍事援助(FMS)プログラムの下で行われ、国防省は米国から直接軍事兵器を購入することができます。

FMSプログラムは、米国側から提出された金額を省が受け入れなければならないため、高額な費用の原因として批判されてきた。

準備費用1,015億円のうち、少なくとも769億円がFMSを通じて支出される。

また、国防省筋によると、米国当局は、日本が2022年度予算で追加の準備費用を確保しなければならない可能性があることを示している。

同省の関係者は、「この後期段階でさえ、総費用がどうなるかはまだわからない」と述べた。

準備費用が非常に大きくなったため、国防省の高官は、実際の改造プロセスに十分な資金がないことを明らかにした。

そして、その改造の遅れのために、国防省当局者はまた、戦闘機が運ぶことになっている巡航ミサイルの予算要求を提出することができませんでした。

巡航ミサイルの契約締結から納品までは通常約2年かかります。

「最初の2機の戦闘機の改造が完了したとしても、手元にミサイルがない可能性があります」とASDFの上級将校は語った。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button