スポーツ

トランプは、米国の選挙が近すぎて電話できないため、時期尚早に勝利を主張している

ドナルド・トランプ大統領は水曜日の初めにジョー・バイデンに対して再選に勝ったと時期尚早に宣言し、いくつかの激戦州が開票を続けているにもかかわらず、最高裁判所に介入を求めると述べた。

「これはアメリカ国民に対する詐欺だ」とトランプ氏は、ペンシルベニア州やミシガン州など、彼に有利に呼ばれていないいくつかの州で主導権を握っていると述べた。

「率直に言って、私たちはこの選挙に勝ちました」と彼は言いました。「それで、私たちは合衆国最高裁判所に行きます。すべての投票をやめさせたいのです。」

ミシガン州、ペンシルベニア州、ウィスコンシン州、ジョージア州などの州が合法的に決定票を数えているため、トランプが何を意味するのかはすぐには明らかになりませんでした。州が選挙日後も開票を続けるのは日常茶飯事です。

バイデンのキャンペーンマネージャー、ジェン・オマリー・ディロンは声明の中で、トランプの発言は「法外で前例のない誤ったもの」であり、「アメリカ市民の民主的権利を奪うための裸の努力」であると述べた。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button