ニュース

フェイスマスクをめぐる議論の後、東京の地下鉄で唐辛子スプレーで負傷した乗客

東京

火曜日、東京都千代田区の地下鉄駅で唐辛子スプレーをかけられた男性の乗客が軽傷を負った。

警察によると、事件は午後12時40分ごろに発生したとフジテレビが報じた。 目撃者は警察に、40代の犠牲者がフェイスマスクで鼻を覆っていなかった男性の乗客と口論していたと語った。 マスクをきちんと身に着けていなかったと叱った後、九段下駅で容疑者と一緒に電車を降りた。 そこで二人は半蔵門線のホームで乱闘に巻き込まれた。 その後、40代の男性は唐辛子スプレーをかけられ、地面に倒れました。

犠牲者は病院に運ばれ、軽傷の治療を受けました。

警察によると、二人の男は事件の前に知り合いではなかった。 容疑者は30代とみられ、九段下駅から逃げ出した。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button