スポーツ

世界経済が「一世紀で最悪の状態」に直面しているため、ビジネスリーダーは緊急の改革を求めています

トップビジネスリーダーは、世界経済は100年で最悪の危機に直面しており、11月にサウジアラビアが主催するG20サミットで緊急の改革が実施されない限り、「下振れリスクは依然として高い」と述べています。

「世界経済は1世紀で最悪の状態にあります」と、世界中の高レベルのCEOで構成されるグループであるBusiness Twenty(B20)の会長であるYousefAl-Benyanは警告しました。 「挑戦的な機会は、政策立案者やビジネスリーダーからの真の緊急性を求めて、より良く構築することです」と彼は付け加えました。

B20は、グループ20のすべての加盟国および経済セクターにわたるグローバルビジネスコミュニティの声を代表することを目的としたエンゲージメントグループです。

このグループは、G20首脳に対し、パンデミック後の経済回復をより強力でより安定した成長軌道に乗せるための「大胆かつ広範な」政策措置を講じるよう求めています。 社会や経済がコロナウイルスの壊滅的な影響を乗り越えているため、貿易の緊張、政策の不確実性、地政学的な緊張、金融の脆弱性の構築が見通しに対する主要なリスクであると述べた。

「今後数年間で景気回復が進展するにつれ、下振れリスクは依然として上昇している」とアルベニヤン氏は述べ、生産性の伸びの低さと不平等の拡大について懸念を表明した。

「ビジネスには、社会的に包摂的で環境的に持続可能な経済を再構築する上で果たすべき重要な役割と、尊重する責任があります」と彼は付け加えました。

サウジアラビアは、中東および北アフリカ地域でG20サミットを主催する最初の国になります。 このイベントでは、世界最大の経済圏のリーダーが一堂に会し、金融および社会経済の問題に取り組みます。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button