ニュース

台湾の新興航空会社StarLuxが日本へのフライトを開始

スターラックス航空は火曜日、台湾から東京、大阪へのフライトを来月運航する準備ができていると語った。

グレン・チャイ最高経営責任者(CEO)は、台北を運航する桃園国際空港から千葉県成田空港、大阪府関西空港まで、週2便の往復便を運航すると記者団に語った。

また、来月からバンコクのスワンナプーム空港への週2回の運行を開始すると彼は語った。

チャイ氏は、日本が徐々に国境を開放し、短期出張を再開したので、タイミングは正しいと述べた。「来月、日本が旅行制限をさらに緩和すれば、より多くの議席を埋めることを望んでいる」と彼は付け加えた。

2018年5月に設立されたこの航空会社は、今年1月23日に運航を開始し、台湾からマカオ、マレーシアのペナン、ベトナムのダナンへの毎日のフライトを提供しています。

台湾の7番目の航空会社の当初の計画は、東南アジアと北東アジアのルートを飛行し、その大洋横断ルートを徐々に北米に拡大することでした。

しかし、COVID-19のパンデミックが拡大したため、2月にほとんどのフライトをキャンセルし、3月に完全に運航を停止し、新しい従業員の雇用を停止しました。

航空会社は、2018年以降、今年上半期に発生した13億台湾ドルを含め、28億台湾ドル(9,780万米ドル)の損失を被ったと推定しています。

財政的打撃を相殺しようとして、航空会社はマカオとペナンへのフライトを部分的に再開し、旅客機で貨物を飛ばすことで収入を得ました。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button