ニュース

国内で最も訪問者の少ない都道府県では、シェフがそびえ立つ炎の上でカツオを劇的に焼きます。 Facebookでシェア

四国の南側にある2つの巨大な半島に囲まれた高知は、少なくとも外国人が訪れる、日本で最も訪問者の少ない都道府県の1つです。国内で最も有名な巡礼路である四国の縁起の良い88の寺院で崇拝を求める日本の真言宗の人々に人気のある目的地です。しかし、それは別の種類の巡礼者にも人気があります。高知は、少なくとも外国人にとって、日で最も訪問されていない都道府県の1つです。

内部Hirome市場蒸し暑い8月の夜に高知市では、食事は、共同のテーブルの上に肩をを充填したお店や屋台に囲まれています。夕食の時間が近づくと、空腹のおしゃべりが大きくなり、テーブルは広大な平屋建ての建物の中にすぐにいっぱいになりました。Hiromeは年間を通じてこのように忙しいようではありませんし、何シーズンも問題、最も求められている皿の町では、カツオ・ノーたたき(たたき鰹)。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button