ニュース

学者たちは、菅の評議会の拒否をめぐって国会で抗議を主導する

菅義偉首相が日本学術会議に6人の学者を任命することを拒否したことに抗議するために、推定800人の学者と市民が11月3日に国会議事堂の前に集まった。

東京の永田町地区での集会は、安倍晋三政権時代に2015年に制定された国家安全保障法に批判的な学術団体である治安関連法に反対する学者協会などが主催した。

抗議者たちは叫んだ。「学界を守れ。自由を守ってください。」

学者らは、菅が治安関連法を含む政府の政策に過去に反対したため、6人の学者を拒否したと疑っている。

協会の代表的な創設メンバーである学習院大学の特別任命教授である佐藤学氏は、「菅義偉首相の法外な行為は民主主義国家では容認されてはならない」と述べた。 「それは憲法の恣意的な再解釈です。」

お茶の水女子大学名誉教授で元サイエンスカウンシルのメンバーである戒能民江氏は、カウンシルから推薦された6人の学者は直ちに職に就くべきだと述べた。

「会員資格の拒否は、学者の名誉を大きく傷つけました」と彼女は言いました。 「人々が説明なしに尊厳を奪われた場合、彼らはよりトラウマになります。」

女性の大学1年生が抗議に参加した。

「人々を飼いならす試みは、学者だけでなく学生も脅かします」と19歳の人は言いました。 「そのような行為は、学生に目的と一生懸命勉強する権利を奪うでしょう。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button