ニュース

日本がAI、高度なデータストレージを備えた史上初のメンテナンスシステムを構築

東京

産業プラント向けの世界初の予知保全システムを開発するための日本政府資金によるプロジェクトでは、人工知能と高度な技術を使用して、安全でユーザー中心の方法でデータを保存します。

この技術を支えるドイツを拠点とする非営利団体であるIOTA財団は、経済産業省傘下の国立研究開発法人である日本の新エネルギー・産業技術総合開発機構が資金提供するプロジェクトのパートナーに選ばれたと語った。と産業。

重要なインフラストラクチャの耐久性を強化することを目的としたこのプロジェクトは、メンテナンスデータをデジタル化し、人工知能を使用して検査が必要な時期を予測することにより、全国の電力、産業、石油化学、石油精製プラントに配備されている施設管理システムを最適化します。 。

現在、全国の工場のデータは手動で保存されているため、整合性と共有機能に問題が発生しているとのことです。

このプロジェクトは、IOTAの分散型台帳サービスであるTangleを使用してデータを分散型データベースにシフトすることを目的としていますが、日本の労働力が減少する中、AIシステムがエンジニアに取って代わることが期待されています。

ピアツーピアネットワーク上の複数のサイトに地理的に分散している分散型台帳データベースの各ノードは、元帳の同一のコピーを複製して保存し、それ自体を個別に更新します。

システムの分散型の性質により、サイバー攻撃に対する耐性が高まり、サプライチェーン全体のパートナーが効率的な方法でデータを共有しやすくなります。

財団の共同設立者であるドミニク・シーナー氏によると、IOTA財団が日本国内の組織と提携するのはこれが初めてですが、過去に日本企業の海外子会社と協力したことがあります。

IOTAプラットフォームと関連技術の開発をサポートするために2017年にドイツで設立されたIOTAFoundationは、現在、ヨーロッパの鉱山サプライチェーンのデジタル化や東アフリカのデータ管理の改善など、さまざまな共同プロジェクトに関与しています。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button