ニュース

日本の保健当局は小さな家に詰め込まれた164匹の犬を見つける

東京:日本の保健当局は、動物の飼育の国内最悪のケースの1つで、164匹のやせ衰えた犬が小さな家に詰め込まれているのを発見したと動物の権利活動家は水曜日に言った。

寄生虫が蔓延している動物は、隣人が不満を言った後の10月中旬に出雲市の30平方メートル(323平方フィート)の家で発見されたと、動物の権利グループDobutsukikinの責任者である相模邦久氏は語った。

犬は棚の上やテーブルや椅子の下に詰め込まれて住んでいました。

「床全体が犬でいっぱいで、見える床面積はすべて糞便で覆われていました」と相模は語った。

公衆衛生当局は、騒音や悪臭について近所の人から苦情を受けた後、7年前に最初に家を訪れましたが、所有者は当時当局に調査させることを拒否しました。

家に住む3人は、犬を去勢したり去勢したりする余裕がないと言ったので、犬を増やし続けました。

相模氏は、家族は犬をあきらめることに同意し、彼のグループは彼らが医療を受けた後、彼らのために里親を探すだろうと言った。

免責事項:この投稿は、テキストを変更せずに代理店フィードから自動公開されており、編集者によるレビューは行われていません

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button