スポーツ

日本はビジネス旅行者と帰国者の入国規則を緩和する

政府当局者は金曜日、11月から、新規コロナウイルスの蔓延を抑制するために海外からのすべての到着者に課された14日間の検疫方針からビジネス旅行者と帰国者を条件付きで免除すると発表した。

日曜日に発効するこの変更は、海外出張から帰国する日本人と、日本に有効な居住許可を持っている外国人居住者の両方を対象とし、海外旅行先に制限はない、と当局者は金曜日の政府コロナウイルスタスクフォース会議に続いて言った。

ただし、この変更は、海外の目的地で7日以内に滞在する予定の日本の居住者にのみ適用されます。

現在、出張から帰国する人は、空港でコロナウイルスのポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査を受ける必要があります。検査で陰性となった帰還者は入国を許可されていますが、現在、自宅または宿泊施設で2週間自己隔離する必要があります。

緩和後、PCR検査で陰性となった人は、計画された活動の文書を提出し、2週間公共交通機関を利用しないことを条件に、自己検疫を行う必要はありません。陽性と判定された人は、14日間自己隔離するか、重度の症状に苦しんでいる場合は入院する必要があります。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button