ニュース

日本はベルリンに銅像を設置した後、ドイツ語で「慰安婦」の姿勢を説明します

東京

日本の外務省は、東京の反対にもかかわらず、日本の戦時中の軍の売春宿で韓国人女性を象徴する像が親韓国市民グループによってベルリンに建てられた後、「慰安婦」の問題に関する姿勢を説明するドイツ語の文書を発行した。

同省のウェブサイトに掲載されたこの文書は、女性が日本の戦時中の軍と政府当局によって「強制的に連れ去られた」という主張に反論し、東京が特定した歴史的記録のいずれによっても確認できないことを指摘し、ドイツは「性奴隷」という表現を使わない。

このような文書をすでに英語で公開している同省は、「事実に反する」という表現であり、この点は、2015年のアジア両国間の合意で韓国政府に確認された。

この問題は長い間、日本と韓国の間の緊張の源でした。

ドイツの首都ミッテ地区は10月に、当面は彫像の設置を許可し、日本と韓国が展示の妥協点に到達することを望んでいると述べた。

日本の与党自由党の一部の党員は、この問題に対する姿勢を伝えるための努力を強化するよう政府に促し、この像がベルリンに設立されたのは東京の失敗であると述べた。

そのような彫像は、ソウルと釜山の日本の外交施設の近くのものを含む韓国の市民グループによってますます設置されています。

戦時中の労働に対する補償を含む、日本の1910年から1945年の朝鮮半島の植民地支配に起因する問題は、アジアの隣人間の友好関係の構築を妨げてきた。

日本は、両国が1965年に二国間協定を締結したときに戦時中の問題を解決したと主張しているが、韓国の多くは、慰安婦問題を含め、東京が軍国主義の過去に対して十分に悔い改めていないと信じている。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button