スポーツ

日本は南アジアの女性のために国外追放命令のまれな逆転をします

裁判所の判決がないまま国外追放の決定が覆されることはまれであるが、政府は、難民としての滞在を特別に許可することに失敗した南アジアの女性に許可を与えたと彼女の弁護士は述べた。

政府は、46歳の女性が提訴した訴訟を審理していた大阪高等裁判所が、法廷外で和解すべきだと述べた後、10月9日に発効した特別許可証を発行した。名前を挙げられなかった女性、または出身国を特定することを拒否した女性は、7月に訴訟を取り下げた。

訴訟によると、女性は政治的迫害による安全を恐れて2007年に入国した。彼女はその後、2009年に国に不法に滞在したとして国外追放命令を提示された。

女性の弁護士によると、彼女は日本に家族がいないため、特別滞在許可を取得することも特に珍しいとのことです。

日本に滞在する特別な許可は、国外追放の対象となる海外からの人々に法務大臣によって与えられます。許可証は最長3年間有効で、滞在を延長するために更新することができます。

特別な要件はありませんが、入国管理局は、日本人との結婚など、家族の問題を考慮していることがよくあります。

「これを終わらせる唯一の方法は裁判だと思ったので驚きました。昨年9月に大阪地方裁判所が訴訟を却下した後、高等裁判所に控訴した女性は、本当に嬉しい」と述べた。

しかし、政府は9月、難民の地位に関する拒否の行政審査を求める女性の要求を拒否した。日本は毎年少数の申請者にのみ難民認定を提供しています。

女性弁護士の中尾郁也氏は、「司法当局と難民申請を検討している当局が、同じ証拠に基づいて反対の結論に達することは非常にまれだ」と述べた。

「難民を保護するために作られたシステムが機能していないことが明らかになった」と中尾氏は語った。

当局の関係者は、難民の地位の基準を満たさなくても、特別な滞在許可を与えられる可能性があると述べた。

昨年、日本は44人に難民の地位を与え、37人がそのような地位を保証することなく居住することを許可した。この国は2019年に10,375件の申請を受け取りました。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button