日本は閉鎖のために1基の原子炉だけが稼働したまま去った

関西電力が11月3日に定期的なメンテナンスのために福井県の大井原子力発電所の4号機を停止した後、日本は次の6週間はたった1基の原子炉に足を踏み入れなければならない。

その任務は、佐賀県玄海町にある九州電力の玄海原子力発電所の第4原子炉に委ねられます。

2011年の東日本大震災により、福島県の福島第一原子力発電所が機能しなくなったため、日本ではすべての原子力発電所が停止しました。

それ以来、関西、四国、九州電力は、5つの原子力発電所で9基の原子炉の運転を再開した。

関西電力が運転するすべての原子炉が停止したままになるのは、2017年5月以来のことです。

電力会社は、福島第一原子力発電所の三重メルトダウン後に課された厳格な新しい安全規制の下で、原子力発電所にテロ対策施設を建設することが義務付けられています。

しかし、関西電力は福井県高浜町の高浜原子力発電所の期限に間に合わず、3号機と4号機の原子炉を停止させた。

また、大井原子力発電所の第3世代原子炉ではパイプの交換が必要です。

関西電力は政府に修理計画を提出し、早ければ2月に原子炉を再稼働できるように1月に工事を完了する予定です。

今年1月、広島高等裁判所は、愛媛県伊方町にある四国電力の伊方原子力発電所の第3世代原子炉を停止する暫定処分命令を下しました。これは、早ければ来年3月までオンラインに戻る可能性が低いことを意味します。

鹿児島県薩摩川台にある九州電力の仙台原子力発電所の1号機と2号機も、テロ対策施設の建設が予定より遅れたために停止された。

玄海原子力発電所の第3世代原子炉は定期点検を受けており、現在も第4世代原子炉のみが稼働しています。

この状況は、関西電力が高浜原子力発電所の第3世代原子炉を再起動する予定の12月22日まで続くと予想されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です