スポーツ

東京のタクシー運転手はマスクを着用していない乗客を拒否することを許可されました

日本の運輸省は水曜日に、東京のタクシー運転手が、新しいコロナウイルスの蔓延に対する懸念が続く中、正当な理由なしにフェイスマスクを着用していない乗客を拒否することを許可した。

首都の10のタクシー会社によって要求された規定の承認は、国の他の地域のエチケットの規範にも影響を与える可能性があります。日本の交通法では、タクシーの運転手は、運転手にひどく酔ったり暴力を振るったりしない限り、乗客を拒否することはできません。タクシー事業者は、国土交通省の認可が必要な法律に基づいて規則を定めています。東京のタクシー会社は、酔っ払った乗客がマスクを着用せずに大声で話すなどの行動はタクシー運転手にとってコロナウイルス感染のリスクを高めるため、規則の一部を変更することを許可するよう省に要請した。

運輸省当局者は、「この規定は、フェイスマスクを着用していない人々の全面的な拒否を支持するものではない」と述べ、顧客がマスクレスの場合、タクシー運転手は健康やその他の避けられない理由があるかどうかを確認する必要があると付け加えた。

同省は、この規定はタクシー運転手だけでなくその後の乗客も保護するために承認されたと述べた。

ウイルスの発生以来、日本のタクシー会社は頻繁な車両の消毒などの予防措置を講じてきました。ドライバーはフェイスマスクを着用し、体温チェックも行う必要があります。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button