ニュース

英国育ちのロイヤルエンフィールドがアジアでスピードを上げている

英国育ちのロイヤルエンフィールドは、アジアで世界最大のバイク購入市場への参入を目指して積極的に拡大しています。

現在も運営されている世界最古の自転車ブランドの1つは、1994年以来、インドのEicher Groupが所有しており、地元の市場で好調な販売を続けています。

現在、アジア全域での販売拡大に着手しており、最近、タイに新工場を開設する計画を発表しました。

アジアの顧客はそのバイクのスタイルと伝統を高く評価していると、ロイヤルエンフィールドの最高経営責任者であるヴィノドダサリはBBCに語った。

「私たちは、大幅に高い価格ではなく、大幅に優れたバイクを製造しています」と彼は言います。

「さらに、私たちはインドだけでなく、世界のために自転車を設計および製造しています」。

タイの新工場は、今後12か月以内に稼働する予定であり、インド国外で最大の工場となる予定です。

(Original Source)

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button