ニュース

菅はやわらかい姿勢をとるが、戦時中の労働者問題は続く

韓国最高裁判所が日本企業に戦時中の労働者に補償金を支払うよう命じた2年後、東京とソウルの間の法的および外交論争の終結はどこにも見えない。

韓国の当局者は、菅義偉首相がより緊密な経済関係を強調し、前任者である安倍晋三の強硬な立場から離れることによって、より寛大な姿勢を取ることを期待していた。

しかし、日本は、韓国政府が補償額の全額を支払うことに同意した場合、後日日本企業に返済するというソウルからの非公式の提案を拒否した。

日本の当局者は、提案を受け入れることが、1910年から1945年までの朝鮮半島の植民地支配中に韓国人労働者を使用した日本企業に対する訴訟の増加につながることを恐れた。

日本の立場は長い間、1965年の二国間協定が第二次世界大戦からの韓国によるすべての補償請求を解決したというものでした。

日韓両政府筋によると、今年の韓国大統領府は、盧英敏(ノ・ヨンミン)参謀長を中心に、戦時中の労働者問題を解決するためのさまざまな対策を検討するチームを結成した。二国間関係を改善する。

韓国の文在寅大統領は、最高裁判所の判決を尊重しなければならないと長い間主張してきたが、まとめられた提案には賛成した。

春、韓国は、日本企業が最高裁判所の判決に従って補償額を支払うことに同意した場合、後で日本企業に償還することを提案した。

日本の当局者は、申し出を受け入れることは本質的に裁判所の命令に同意することになると信じていました。

2018年10月30日の判決で、韓国最高裁判所は新日本製鐵に戦時中の労働者に補償するよう命じました。翌月、三菱重工業に対しても同様の判決が下された。

両社が最高裁の命令に従うことを拒否した後、韓国の裁判所は、韓国の両社の株式や特許などの資産を差し押さえ、補償をカバーするために現金で売却する手続きを開始しました。

東京は、韓国の最高裁判所の判決が国際法に違反していると主張している。

押収された資産の売却の動きについて、茂木敏充外相は「それは非常に深刻な状況につながるだろう」と述べた。

菅氏は、内閣官房長官を務めていた8月、韓国が先に進んで資産を売却すれば、あらゆる措置が検討されると述べた。

安倍政権は、公務員へのビザ発給の停止や冨田浩二日本大使のソウルからの呼び戻しなど、約40の報復措置を検討したと情報筋は語った。

与党自由党内の保守的な要素は、韓国への直接投資の制限や韓国企業が日本に保有する資産の差し押さえなど、さらに抜本的な措置を検討したと情報筋は述べている。

しかし、菅首相が首相に就任して以来、二国間関係を改善するためのより穏健な措置を検討するよう当局に指示したという。

その姿勢から、南官杓駐日韓国大使は10月21日、韓国国会に、菅氏がより現実的なアプローチを取り、より前向きな雰囲気に貢献していることを報告した。

同日、与党民主党の李洛淵(イ・ナクヨン)党首は記者会見で、「来年の夏季五輪までに問題が解決されることを期待している」と述べた。

司法手続きに干渉することのできない月政権も、日本企業の資産を売却すると日本との関係がさらに悪化することを知っている。

新たなコロナウイルスのパンデミックも韓国経済に深刻な悪影響を及ぼしており、ソウルは韓国の最高裁判所の判決に対する報復として東京が課したより厳しい輸出制限の影響を無視することはできません。

厄介な問題を解決するために、国家安全保障事務局長の北村滋と月の国家安全保障顧問の徐薫の間のチャネルを含む、さまざまなチャネルが調査されています。

北村とフンは、それぞれの過去の立場で北朝鮮に拉致された日本人の問題に協力した。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button