ニュース

野心的だが物議を醸す:日本の新しい水素プロジェクト

日本の新しい2050年のカーボンニュートラルの期限は、野​​心的であるが物議を醸している液体水素ベンチャーを含む、新しい、より環境に優しい燃料オプションを見つける努力にスポットライトを当てました。

水素エネルギーサプライチェーン(HESC)は、日本向けに豊富で手頃な燃料を生産することを目的とした日系オーストラリア人の共同プロジェクトです。ベンチャーに関するいくつかの質問と回答は次のとおりです。

なぜ水素なのか?

日本は化石燃料資源が少なく、2011年の福島のメルトダウン以来削減されてきた輸入液化天然ガス(LNG)、石炭、原子力に大きく依存しています。

山岳地帯の自然災害が発生しやすい国は、再生可能エネルギーの生産を増やすのに苦労しているため、さまざまな代替燃料を調査しています。

水素に多額の投資を行っており、燃焼時に蒸気のみを生成し、二酸化炭素を生成しないため、関心が集まっています。

日本は現在、主に天然ガスと石油から、液体および圧縮ガスの形で国内で水素を生産しています。

住宅、実験用発電所、燃料電池車のマイクロ燃料電池に使用されていますが、国内での生産は限られており、高価です。

HESCとは何ですか?

HESCは、日本がオーストラリアからの液体水素の永続的な供給を確立し、燃焼させて発電できるかどうかを確認するための実験です。

水素はオーストラリアのビクトリア州で生産および液化され、亜炭と呼ばれる種類の石炭から抽出されます。

このいわゆる褐炭は現在、事実上市場を欠いており、海上で9,000 km(5,600マイル)を運ぶという追加コストにもかかわらず、日本の国内水素生産に代わる潜在的に魅力的で安価な代替品となっています。

プロジェクトのパイロット段階は、日本とオーストラリアの当局によって部分的に資金提供されており、約5億オーストラリアドル(370億円)の投資を受けています。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button