ニュース

YouTubeは、トランプが選挙日に購入したような終日の「マストヘッド」予約を終了します

ドナルドトランプ大統領は、選挙日にYouTubeのホームページを支配する可能性があります。ただし、YouTubeによる最近のポリシー更新によると、そのスロットは広告主が同じ方法で再度購入することはできません。

グーグルが所有する会社は月曜日にCNBCに、2021年からマストヘッドとして知られる同社の切望されたホームページ広告スポットでの終日広告の予約を「撤回」することを確認した。代わりに、広告主はインプレッションごとにのみそのスポットを購入できるため、1人の広告主が一度に1日ページを支配することは困難になります。

「何年もの間、広告主はYouTubeマストヘッドに表示するためのより柔軟なオプションを求めてきました。そのため、2019年に1000あたりのコスト(CPM)マストヘッドを導入し、今年の初めに、それが主要なマストヘッド予約オプションになると広告主に伝えました。 2021年に」と同社は電子メールで述べた。 「この変更により、広告主は予算の柔軟性を高め、政治的な広告主だけでなく、すべての業種に適用されます。」

グーグルは、この変更はすべての広告主に影響を及ぼし、選挙や政治広告に「いかなる形でも」関連していないと述べています。

New York Timesによると、マストヘッドの費用は1日あたり約200万ドルです。マストヘッドを見たり、その広告スポットを見たりする人の数は明らかではありませんが、YouTube全体では、毎日10億時間以上の動画を配信していると言われています。

米国大統領選挙が近づくにつれ、同社はここ数週間精査されており、ドナルド・トランプ大統領が選挙日の前の2日間に、選挙日自体とともにマストヘッドスロットを購入しました。タイムズ紙によると、YouTubeはその方針について明確ではないと主張した民主党全国委員会と同社の間の緊張の源となったと伝えられている。

グーグルは9月、「今年の選挙結果が遅れる可能性があるため」、投票が終了した後、11月3日に選挙固有の広告を一時的に停止すると発表した。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button