ニュース

スナックは3月末まで一時解雇計画を延長する

リシ・スナック首相は、3月末まで英国全土に一時解雇制度を拡大することを確認しました。

スナック氏は、この制度は人の賃金の最大80%を月額2,500ポンドまで支払うと述べた。彼はコモンズに、政府は1月に政策を見直すと語った。

首相は、彼の意図は「冬を通して企業に安全を与えること」であると述べた。

「私たちが提供しているセキュリティは、何百万もの仕事を保護します」と彼は付け加えました。

同氏は、この計画は英国全体に適用されると述べ、同国には「英国全体の財務省」があると述べた。

改訂されたスキームの一環として、9月23日以降に冗長化された人は誰でも再雇用して一時解雇に戻すことができます。

より多くのサポート

スナック氏はまた、自営業者のためのより多くのお金を含む、経済に対する他の何十億ポンドもの支援を発表しました。

自営業所得支援スキーム(SEISS)による支援が増加し、11月から1月までの3回目の助成金は、平均取引利益の80%、最大£7,500と計算されます。

同時に、首相は英国の権限委譲された政権のための保証された資金を20億ポンドから160億ポンド引き上げました。

影の首相アンネリーズ・ダッズは、「最後の可能な瞬間まで」政府の措置に対する異議を無視したとして彼を非難した。

彼女は、彼が以前に「鈍器」として一時解雇の延長を「嘲笑」したことを指摘した。

しかし、スナック氏は、「危機の中で動きが速いのは弱点ではなく、強みだ」と述べ、彼の急速な政策変更を擁護した。

これは大臣からの心の変化であり、本当に重要なものです。首相と首相はここにいたくなかった。

一時解雇の計画は11月の初めに終了する予定でした。週末に、それが12月2日まで続くことがわかりました。今は3月末まで残っています。

政府は、健康状態の変化のためにそれが必要であると主張するでしょう。彼らは明らかに経済見通しについて心配している。

しかし、政敵はしばらくの間これを求めており、彼らは首相があまりにも長い間待っていたと信じています。

財務省は、9月23日以降に冗長化された人は誰でも-一時解雇の交換が発表されたときに-スキームに戻すことができると述べた。

しかし、政府はこれをもっと早くやるべきだったという非難に直面するでしょう。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button