ニュース

液体空気を使用する英国のエネルギープラント

液体空気の形でエネルギーを貯蔵する世界初の主要なプラントであると考えられているものの作業が始まっています。

夜間に風力発電所からの余剰電力を使用して空気を非常に強く圧縮し、摂氏-196度で液体になります。

その後、1日または1か月で需要がピークになると、液体空気が暖められて膨張します。

結果として生じる空気のラッシュは、タービンを駆動して電気を生成し、それをグリッドに売り戻すことができます。

マンチェスター近郊の50MWの施設は、約50,000世帯に十分な電力を貯蔵します。

このシステムは、ハートフォードシャーの独学の裏庭の発明家であるPeter Dearmanによって考案され、英国政府から1,000万ポンドの助成金を受けて商業規模になりました。

「とてもエキサイティングだ」と彼はBBCニュースに語った。「私たちはさまざまな形のエネルギー貯蔵を必要としています。そして、液体空気もその1つになると確信しています。」

Dearman氏は、彼の発明は、その使用方法にもよるが、60〜70%効率的であると述べた。

これはバッテリーよりも効率的ではありませんが、液体空気の利点は貯蔵タンクのコストが低いことであるため、簡単にスケールアップできると彼は言いました。

また、バッテリーとは異なり、液体空気貯蔵は、世界が可変再生可能電力に基づく電力システムに移行するにつれてますます不足する可能性がある希土類鉱物の需要を生み出しません。

「バッテリーは短期間の保管に最適です」とDearman氏は述べています。「しかし、それらは長期のエネルギー貯蔵を行うには高すぎる。そこに液体空気が入る。」

Dearman氏は、この技術を電力貯蔵に適用する可能性を見出したとき、液体水素を使用して同様の原理で走行する自動車を開発していました。

彼は現在、50MWのプラントを建設している会社の1つであるHighviewの受動株主です。

政府のビジネスおよびエネルギー部門の主任科学顧問であるジョン・ラフヘッド教授は、以前にこの技術を賞賛してきました。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button