ニュース

アメリカン航空は、管理、管理スタッフの30%削減を計画しています

アメリカン航空は、有料のコロナウイルスが事業を引き受けているため、管理およびサポートスタッフの30%を削減し、約5,000人の雇用を削減することを計画していると同社は水曜日に従業員に語った。

CNBCが閲覧した会社のメモによると、航空会社はこれらの従業員へのバイアウトの提供も開始し、来月、客室乗務員などの最前線のスタッフに新しい任意の休暇とバイアウトを提供する予定であると述べました。

「パンデミック前の流動性、政府による多額の資金援助、資本市場で調達した現金は安定の基盤を提供しますが、最も重要な費用であるコストを含むコスト構造を削減する必要があります。アメリカの人事およびグローバルエンゲージメント担当エグゼクティブバイスプレジデントであるエリーゼエバーウェインは、スタッフノートで述べています。

アメリカや他の航空会社は、パンデミックが旅行需要に壊滅的な影響を及ぼし、数年ぶりに損失を出したため、コスト削減に取り組んでいます。ここ数週間、先月よりも多くの旅行者が空を訪れていますが、需要は依然として1年前から80%以上減少しています。

航空会社の幹部は、需要が弱いために縮小することを期待していると述べています。これにより、数百機のジェット旅客機を駐車し、ルートを削減し、従業員に自主的な無給または部分有給休暇を取得し、場合によっては早期退職するよう促しています。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button