ニュース

ユナイテッド航空は、組合からの訴訟、抗議の後、一部の労働者のスケジュールを自主的に削減する

ユナイテッド航空は水曜日に、連邦コロナウイルス救済の数十億ドルの条件に違反していると主張して、組合が訴えた後、いくつかの強制的なスケジュール削減を自主的にすることによって労働緊張を和らげようとした。

金曜日に、航空会社は、フルタイムの従業員のスケジュールが週に30時間に短縮され、パートタイムのステータスに移行することをフリートとカスタマーサービスの労働者に伝えました。彼らの組合である国際機械工と航空宇宙労働者協会は、航空会社にその決定を覆すように試みて、火曜日にニューヨークの連邦裁判所でユナイテッドを訴えた。

組合は水曜日の発表がすぐに訴訟に影響を与えるわけではないと述べた。

航空会社は、3月に議会で可決されたコロナウイルス救済法案である2.2兆ドルのCARES法に基づいて、航空会社に給与補助金とローンを提供する250億ドルの連邦援助パッケージの一部を受け入れる場合、9月30日まで賃金の引き下げや従業員の解雇を禁じられます。ユナイテッドは、連邦給与支援で約50億ドルの合意に達したと述べた。

しかし、ユナイテッド、デルタ、ジェットブルーなどの航空会社は、飛行時間の短縮に合わせて労働時間を短縮しています。

ユナイテッドは現在、フルタイムのフリートおよびカスタマーサービスワーカーがボランティアでスケジュールを40時間から30時間に短縮し、パートタイムの従業員が週に20時間から10時間移動することを求めています。十分な数の人々がボランティアをしなければ、非自発的なスケジュールの短縮が続くだろう、と幹部は警告した。メリットは変わらない、とスポークスマンは語った。

「会社全体でコストを削減する必要性が継続していることを考えると、この提案されたプログラムは、参加率が高い場合にのみ成功します」と、ユナイテッドのCOOであるグレッグハートは水曜日のスタッフノートで述べています。 「参加率を監視し、6月末にプログラムのパフォーマンスについて報告します。高いレベルの参加がなければ、正社員の30時間への強制的な短縮を再考するしかないでしょう。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button