ニュース

ワシントンは、国に米国と中国のどちらかを選択させるべきではない、と元外交官は言う

多くの国、特に東南アジアの国々は、米国との「強いつながり」を維持したいと望んでいる。ワシントンは、北京との競争において、彼らに側を選ぶように強制すべきではない、と著名な元シンガポール外交官は月曜日に述べた。

シンガポール国立大学のアジア研究所の著名なフェローであるキショア・マブバニ氏は、CNBCに次のように語った。 「SquawkBoxAsia」。

2017年にドナルド・トランプ大統領が就任した後、米中関係は大幅に悪化した。米国は、場合によっては、国を中国に反対させることを目指してきた。

一例は、国家安全保障への脅威を理由に、中国のハイテク企業Huaweiを5Gネットワ​​ークから禁止するように各国に呼びかけたものです。

先週の選挙に向けて、アジアのいくつかの国を訪問していたマイク・ポンペオ国務長官は、中国に対する米国の同盟国を強化しようとする一連の演説を行った。

東南アジアでは、コロナウイルスの大流行の前に実施されたいくつかの調査で、この地域における中国の経済的および政治的影響力が米国を上回っていることを示しました。このギャップは今後数年間でさらに拡大する可能性があります。

しかし、米国はこの地域に多額の投資を行っており、東南アジア諸国は引き続きワシントンを歓迎すると、2004年に学界に入る前にシンガポールの外交官として33年間過ごしたマブバニ氏は述べた。国連安全保障理事会の議長。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button