ニュース

搭乗券を持ってください。 コロナウイルスによるTSAスクリーニング手順の変化

運輸保安局は、コロナウイルスのパンデミックの真っ只中に夏のピークシーズンが近づくにつれて、乗客や役員との接触を制限するためにいくつかの空港スクリーニング手順を調整しています。

一つには、旅行者はセキュリティチェックポイントで乗客間の距離が長くなることを期待する必要があります。乗客はまた、TSAのエージェントに渡すのではなく、電子または紙の搭乗券をリーダー自身に置く必要があります。

TSAはまた、主要な航空会社が現在乗客に要求しているフェイスマスクを着用するよう旅行者に促しています。代理店によると、旅行者はバッグから食べ物を取り出し、ベルト、財布、鍵、電話などのアイテムを「スクリーニングプロセス中の接触点を減らすためにビンではなく」キャリーバッグに入れる必要があります。

TSAによると、約60,000人の従業員のうち590人がCovid-19の検査で陽性であり、6人が死亡しました。

パンデミックと、外出禁止令のように病気の蔓延を抑えるための対策により、ほとんどの旅行者は家に帰り、壊滅的な需要があります。保安検査場を通過する旅行者の数は4月から急増していますが、今月は1年前から92%減少しています。

航空会社は、パンデミックの最中に飛行することに神経質になっている旅行者を落ち着かせようと奮闘していますが、連邦政府機関は、要件ではなくガイドラインを提供しています。

航空会社も、特定のフライトの定員を制限するか、旅行者の間隔を空けることによって、乗客を遠ざけるという課題に取り組んでいます。

たとえば、デルタ航空は、6月に100便を追加する予定であるため、飛行機の満員は60%を超えないと述べています。満員のユナイテッド航空の飛行機の写真が今月初めに何千回もリツイートされた後、同社は、フライトが70%以上満席になった場合に旅行者に通知し、別の飛行機に切り替えるか、旅行クレジットを取得できるようにする予定だと述べました。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button