アニメーション映画が北朝鮮の最も暗い隅に光を当てる

有刺鉄線で覆われた高い壁の鋼鉄の門が開いており、囚人が栄養不良であるため、皮膚が頬からぶら下がっていて、体が骸骨に似ていることがわかりました。ショックを受けた新参者のグループを鉤爪で食べ物を懇願する老人は、警備員による迅速な殴打に遭遇します。

この悲惨なシーンは、9歳のヨハンとその妹とその母親が残酷な状況を描いた作家・監督・プロデューサーの清水英二によるCGIアニメーションの映画デビュー作「真北」で待っている地獄のような生活の前兆にすぎません。北朝鮮の政治犯キャンプの。第33回東京国際映画祭で日本初公開されたこの映画は、父親がスパイであると非難された後、そのようなキャンプに送られた家族を中心にしています。登場人物は架空のものですが、残虐行為、強制労働、レイプ、栄養失調のシーンは、北朝鮮の正式名称である朝鮮民主主義人民共和国のキャンプ生存者と元警備員の証言に基づいています。

日本の幼い頃、韓国人日本人の4代目である清水は、祖父母が不正行為をしたら北朝鮮の刑務所に送られると言っていたのをぼんやりと思い出します。「当時、私はそれが何であるかを知りませんでしたが、地球上にこの非常に恐ろしい場所があったことを思い出しました。地獄のように。世界のどこかに何か問題があることを知っていました」と50歳の人は言いました。映画の制作にかかった10年間、清水は「地球上の楽園」キャンペーンの一環として日本を離れて北朝鮮に向かったがその後逃亡した多くの韓国人を含む、約30人の元強制収容所の囚人やその他の脱北者にインタビューした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です