ニュース

ボーイングのCEOは、737Maxのフライト禁止が解除されたことについて「フィニッシュラインに非常に近い」と述べています

ボーイングのCEO、デイブカルホーンは水曜日に、同社が2回の致命的な墜落の後、2019年3月以来乗客を飛ばしていない737Max飛行機の世界的な着陸の「フィニッシュラインに非常に近づいている」と述べました。

7月のボーイングは、規制当局が第4四半期に飛行機を承認することを期待していると述べた。米国の最大の顧客の1つであるアメリカン航空は、年末に数回のフライトのスケジュールでジェット機を使用していますが、他の顧客は来年までジェット機を飛ばすことを期待していません。

規制当局は飛行機のレビューの最後尾にいますが、まだ正式に承認されていません。それが発生すると、航空会社は737パイロットを訓練する必要があります。このプロセスには、コンピューターベースの訓練と航空機シミュレーターセッションが含まれると予想されます。

「マックスは私たちに多額の費用をかけ、世界で最も人気のある飛行機を出荷できなかったという事実を補うために、流動性に関してアンティを整理しなければなりませんでした」とカルホーンはインタビューでCNBCに語った。

禁止はボーイングが飛行機を出荷することを妨げ、製造業者が配達時に航空機のコストの大部分を受け取るので、その売上高を壊滅させました。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button