予測不可能なトランプの後、バイデンは日本を貿易の泥沼に保つかもしれない

ジョー・バイデンの下での次の4年間は、ドナルド・トランプの下での過去4年間よりも混乱が少ないかもしれませんが、米国の大統領選挙が中国で緩和する可能性は低いため、日本にとっては依然として挑戦的です。

バイデンは、貿易に対してより多国間のアプローチを好むと見られています。これは、米国がトランプのイニシアチブを離れた後、ワシントンが最終的に戻ってくることを期待して、元の環太平洋パートナーシップ協定の自由貿易協定を崩壊から救った日本への救済としてもたらされます。

それでも、貿易専門家は、バイデンがCOVID-19の蔓延を封じ込め、世界最大の経済を後押しするなどの国内問題に焦点を当てている一方で、現在の11人のTPPに米国がすぐに戻ることはないと考えていますが、77歳の民主党員はバラク・オバマ前大統領の下で副大統領としてTPPを支持した。

米国が日本のような貿易相手国に二国間取引を行うよう圧力をかける可能性は減少するかもしれない-トランプが追求する戦術-バイデン政権は依然として貿易と環境問題に関して日本に強い要求をすることができる。

富士通のチーフポリシーエコノミスト、マーティンシュルツ氏は、「バイデンは、一方的な中国の政策決定を封じ込めるためにパートナーシップを強調し、オバマ時代の良識ある怠慢よりも積極的なアジアの政策を模索するだろう」と述べた。

「「ミドルパワー」としての日本は、より重要な役割を担うだろう。米国と中国とのパートナーシップを維持する必要があるが、東南アジアのパートナーに貿易、投資、そして最も重要なことにデジタルをナビゲートする効果的な方法を示す必要がある。政策」と述べた。

トランプ氏が「アメリカ第一主義」の議題を4年近く推し進めた一方で、日本は、TPPが現在知られているように、環太平洋パートナーシップ協定のような多国間協定の重要性を強調し続けました。

その間、東京も長年の同盟国からの圧力の高まりに直面し、2019年に二国間物品協定でワシントンに合意することになった。

東京は、豚肉や牛肉などの米国の農産物の関税を引き下げたが、日本からの自動車輸入に高い関税を課すというトランプの脅威をかろうじて回避した。各国は、サービスと投資を含むより包括的な協定に向けて交渉を開始することになっていたが、パンデミックの影響もあり、延期された。

神奈川大学の国際関係学教授である大場三重氏は、バイデン氏はトランプ氏の二国間取引への焦点からの脱却を求めるかもしれないと述べたが、民主党員は伝統的に共和党員よりも交易条件の面で日本に厳しいと警告した。

「とはいえ、雇用創出と国内経済の安定を優先する必要がある場合、バイデンが自由貿易とCPTPPの促進に移行するとは考えにくい」と大場氏は述べた。

日本は、中国と米国の上位2つの貿易相手国との適切なバランスを維持するために慎重に歩んでいます。

トランプ政権下での技術的覇権をめぐる米国と中国の間の激化する競争と競争は日本を不安にさせ、一部の輸出業者はその矢面に立たされた。

ファーウェイテクノロジーズ社への半導体の輸出を制限する米国の動きは、次世代5Gテクノロジーの優位性を拡大することを目指している中国の通信大手のサプライヤーであるソニー社のような日本企業に影響を与えました。

日本政府のデータによると、チップを製造するための半導体と機械は、2019年の日本から中国への上位2つの輸出品目でした。

エコノミストは、バイデンはトランプよりも予測可能である可能性が高いが、北京に対するワシントンの強硬姿勢は続くと予想されると述べている。彼らは、米国と中国の経済の分離について企業幹部が表明した懸念を共有しています。

厳しい競争でのバイデンの勝利は、輸出主導の日本経済がコロナウイルスのパンデミックによる最悪の収縮から抜け出そうとしているときに来ました。

バイデンは、減税を推進したトランプとは対照的に、企業や裕福な人々への増税を約束し、刺激を増やし、インフラやクリーンエネルギーへの投資を強化しました。電気自動車の宣伝は彼のやることリストに載っています。

SMBC日興証券のチーフエコノミスト、丸山義正氏は、「バイデンは財政支出の増加を計画しており、これは米国経済にとってプラスであり、短期的には日本経済にとってもプラスである」と述べた。以前に予想されたように「抜本的」であること。

丸山氏は、「米中関係と経済の分離は続くが、バイデン氏は、より穏やかでルールに基づいたアプローチを取ることが期待されている」と述べた。 「政治情勢がどうであれ、企業は中国でビジネスを行う必要があります。」

一部のエコノミストは、バイデンが提案した経済パッケージは、貿易と投資における高い労働基準と環境基準を求めていることを考えると、日本の輸出業者に大きな後押しを与えないかもしれないと言います。

みずほ証券のチーフエコノミスト、小林俊輔氏は、「例えば、電気自動車や風力発電の分野で、日本が(外国のライバルよりも)優位に立っているかどうかについて疑問符がある」と述べた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です