北海道でコロナウイルスの症例が急増する中、日本は警鐘を鳴らしている

北海道はCOVID-19の新規症例が急増している最中であり、他の都道府県も同様に、新たな感染症の爆発的な全国的な急増の始まりである可能性があると当局が警告している。

今年初めに日本で新しいコロナウイルスが出現したとき、北海道は新しい症例が急増した最初の地域でした。北海道は、中央政府が4月に全国に非常事態を課す数週間前の2月下旬に非常事態宣言を発令し、全国へのウイルスの蔓延を予見しているようだった。

県が再び最初に新たな事件の急増を目にしたのは、おそらく単なる偶然である。しかし、冬が近づき、気温が低いために人々が屋内に追いやられると、密集した場所での空気循環の低下がクラスター感染を引き起こし、ウイルスの拡散を悪化させる可能性があります。

建築設計と工学の専門家である林元也氏は、新たな事件が発生している正確な状況を正確に特定することは難しいが、気温が下がり続ける中、居住者は屋内や家族と過ごす方法に注意する必要があると述べた。北海道大学環境空間デザイン研究室教授。

「風邪をひかないように、冬の間は束ねて暖かく保つことが重要です」と彼は言いました。 「しかし、部屋の空気が適切に循環していることを確認するために窓を開けると、人々が感染するのを防ぐのに役立ちます。」

北海道は日本で最も寒い地域のひとつであり、他の地域よりも早く冬に入る傾向があります。今シーズンは北海道ですでに雪が降っており、火曜日の朝、札幌では水銀がマイナス0.8度まで下がっています。

県は火曜日、前日200件という過去最高を記録した後、166件の新規症例を報告した。北海道では10月下旬から着実に新たな感染が増加しており、累計で4,364件に上っています。

専門家や関係者は、北海道の新たな感染症は、寒さが増しているため、換気の悪い部屋で一緒に室内で過ごす時間が増えていることも一因であると考えています。

国際医療福祉大学の公衆衛生学教授であり、新しいコロナウイルスに関する政府の専門家パネルのメンバーである和田浩二氏によると、北海道が以前に新たな感染症の大幅な増加を報告した最初の県であったのは偶然の一致です。今年はウイルスが復活し、再び国をリードしています。

「しかし、北で起こっていること、そして当局者の対応方法は、新しい事件が再び急増し始めている国の他の地域の参考になるかもしれない」と彼は付け加えた。

月曜日に行われた政府のCOVID-19小委員会の会合で、パネルを率い、地域医療機能推進機構の理事を兼務する尾身茂氏は、対策がなければ、国内での新規症例が急速に増加する可能性があると警告した。すぐに撮影。

「新しい感染症は確かに全国的に増加している」と近江はパネルの会議の後の月曜日の夜に言った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です