ニュース

日本がソマリア沖で海賊対策任務を拡大する

日本政府は、ソマリア沖での海上自衛隊の海賊対策任務をさらに1年延長することを決定した。

日本は2009年以来、海賊対策法に基づいてこの地域の商用船を守るために駆逐艦と哨戒機を配備してきました。現在の任務は来週木曜日に終了する予定です。

任務を延長する決定は火曜日の内閣会議でなされた。

政府はまた、拡大するコロナウイルスのパンデミックによる影響の可能性に備えて、ミッションブレースに関与する要員の数を増やすことを決定しました。

一方、政府はまた、エジプトのシナイ半島での多国籍平和維持ミッションへの陸上自衛隊の要員の参加をさらに1年間延長することを決定した。GSDFミッションは、今月末に期限切れになる予定です。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button