ニュース

日本の「ジョー・バイデン」は、バイデンの米国選挙での勝利後に名声を得る

日本の小さな町の市長は、彼の名前の文字が米国大統領選挙の勝者の名前と音声的に同じ「ジョー・バイデン」と読めることに気づいた後、インターネットのセンセーションを巻き起こしました。

熊本県南西部の大和町を率いる梅田豊さん(73)は、家族が自分の名前の別の読み方がオンラインで注目を集めていると言ったとき、驚いた。

現職のドナルド・トランプ大統領との「(民主党候補のジョー・バイデン氏の)予想される勝利について聞いた後、私も彼に非常に親しみを感じている」と梅田氏は日曜日に語った。

漢字の漢字には通常、いくつかの音声の読みがあります。

市長の家族の名前は「梅」と「田んぼを、」意味の文字を含むが、それらは通常通りに発音されながら名に-日本ではかなり一般的なもの-彼らはまた、と発音することができBAIおよびデン。一方、豊の文字は、より一般的にはjoと発音されます。梅田氏は、大統領選挙の結果を受けて多くのメッセージを受け取ったと述べ、バラク・オバマ政権下の元米国副大統領の成功を祝福した。バイデンが来年就任することで、梅田は人口約15,000人の彼の町が認知されるチャンスになることを望んでいます。「米国としての超大国の大統領と大和の市長であるということは、(私たちの仕事の)規模はまったく異なりますが、町を宣伝する方法を考えたいと思います」と彼は言いました。

2008年にオバマ大統領が大統領に選出されたとき、福井県のオバマと呼ばれる都市が国内外で話題になりました。地元住民はオバマを支援するためのグループを設立し、彼の顔を描いた商品を作成しました。当時の沿岸都市の市長は、オバマが特別な名誉市民になることへの希望さえ表明した。大統領が2009年に来日した際、スピーチの中で「もちろん、小浜市の市民に挨拶と感謝の気持ちを込めずにここに来ることはできなかった」と演説した。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button