ニュース

日本の土地大臣は、世論調査の損失を受け入れることを拒否するためにトランプを非難します

赤羽一嘉国務相は火曜日、ドナルド・トランプ米大統領が先週の選挙で敗北を受け入れることを拒否したことを批判するツイートを投稿し、削除した。

「不正選挙を非難し、「決してあきらめない」と主張する現職の大統領。これを見て考えているのは私だけだろうか。これはどのような独裁政権なのだろうか。民主主義のロールモデルはどこに行ったのですか?」とアカバは書いています。

日本政府は、米国のメディアの予測に基づいてジョー・バイデンの勝利をすでに認めており、菅義偉首相は次期大統領と彼の実行中の仲間であるカマラ・ハリスを祝福している。

与党の公明党下院議員の赤葉氏は記者会見で、「誤解されたくない」と述べた。

東京は、トランプがいくつかの州で投票の再集計と訴訟を認めて追求することを拒否したことについてコメントすることをほとんど控えています。

大臣はまた、米国を「民主主義の最前線」と見なしているため、ツイートを書いたと述べた。

「民主主義の根幹である選挙によって分裂が引き起こされたことに悲しみを感じた」と彼は言った。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button