ニュース

正午に最大の動きを見せている株:ボーイング、シスコ、3M、フィアットクライスラー、ドラフトキングスなど

ボーイング—航空宇宙の巨人の株は、初期の取引で下落した後、0.8%の上昇で終了しました。デルタ航空は、18機のボーイング777機を廃止し、エアバスのより燃料効率の高いモデルに交換すると発表しました。デルタ航空は、年末に777の使用を停止すると述べた。

シスコ—シスコのシェアは、ネットワーク機器メーカーの予想を上回る四半期収益を受けて、4.5%以上上昇しました。 Refinitivによると、シスコは1株あたり79セントの四半期利益を報告し、1株あたり69セントの予測を上回りました。収益は119.8億ドルで、ストリートでの117億ドルの予測を上回りました。シスコはまた、明るい今四半期の予測を発表しました。

フィアットクライスラーオートモービルズ–同社が配当を停止した後、自動車メーカーの株式は1%以上下落した。プジョー車を製造しているグループPSAも、配当を停止すると述べた。両社は、12月に発表された合併案が進行中であると語った。

JPMorgan、Wells Fargo、Discover Financial —木曜日に金融株が急騰し、最近のセッションでこのセクターの下降トレンドを逆転させました。 JPMorganは4.15%上昇し、Wells Fargoは6.8%上昇し、Discoverは7.8%上昇しました。銀行株の上昇は、財務省の利回りがわずかに低下したにもかかわらずもたらされました。

3M – 4月の売上高が前年比で11%減少したと同社が発表した後、産業コングロマリットのシェアは1%未満減少しました。ヘルスケアセグメントは、昨年に比べて5%急増した明るいスポットでしたが、安全産業部門の11%の減少など、他の分野での減少を相殺することはできませんでした。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button