自然からの素晴らしい好奇心が詰まった「不思議」展を開催する日本美術館

人生はストレスがたまるかもしれません、そして、日々の挽きは荒いことがありえます、しかしあなたは何を知っていますか?生きているという行為そのものが信じられないほどです。私たちがこの惑星でここにいて、呼吸し、生きている可能性がどれほど低いかを考えてみてください。そして、私たちがこの惑星に存在するだけでなく、純粋な砂糖を育てる稲を育てることに成功したことを考えてみてください。奇跡!

この生きた世界への不思議さは、東京の角川文化博物館の4階で開催される新しい展示の礎石を形成します。展示「荒俣宏」は、作家、博学者、翻訳者、博物学者、文化批評家の荒俣宏の作品です。さまざまな専門分野を駆使して、彼は自分のコレクションから多くの作品を展示し、美術館のゲストに驚異的な生物を届けることを選択しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です