ニュース

菅はコロナウイルスで北海道と協力することを誓う

菅義偉首相は、北海道北部の北海道政府と協力して、北海道でのコロナウイルスの蔓延を抑制することを約束しました。

鈴木直道知事は火曜日に東京の首相官邸を訪れ、菅氏に最近の県内感染の急増について説明した。

鈴木氏は、都道府県は感染クラスターに迅速に対処し、医療機関のCOVID-19患者の病床を増やすと述べた。また、札幌市に軽度の症状のある約1,000人の患者を収容するための新しい施設を追加する計画についても説明しました。

知事は、北海道全土に感染が広がると、地元の医療従事者が不足することになると中央政府に支援を求めた。彼はまた、冬の間の感染を防ぐ方法についての公告を求めた。

菅首相は県との確固たる協力を約束した。

鈴木氏は後に記者団に対し、今月末までにウイルスを封じ込めることを決意していると語った。県は、市町村と協力して歓楽街での集中試験などを実施することで、中央政府の支援を受けるとのこと。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button