ニュース

菅はパンデミック刺激のための3番目の追加予算の編集を命じる

菅義偉首相は火曜日、新たなコロナウイルスの大流行に見舞われた経済を支援するための新たな経済刺激策に資金を提供するために、2020年度の第3の補足予算をまとめるよう閣僚に指示した。

政府筋によると、3月までの1年間の追加予算は、消費を刺激し、企業の雇用維持を支援するための措置を講じながら、観光セクターを支え続けるために、政府のGo ToTravel補助金キャンペーンを1月下旬以降に延長する可能性があります。

与党の公明党議員とその公明党議員の中には、今後の予算は10兆円から15兆円程度になるとの見方もある。

政府によると、菅首相は閣僚に対し、「経済が引き続き持ち直し、内需主導の成長軌道に戻ることを確実にする」と述べた。

菅氏は、ウイルスの蔓延に対する対策に加えて、デジタルトランスフォーメーションへの支援や温室効果ガス排出量削減の取り組み、都市部から農村部への移住を促進するための措置を予算に含めることを提案した。

補足予算はまた、サプライチェーンの強化への企業の投資を促進し、国の災害への備えを改善し、不妊治療を受けているカップルへの財政的支援を増やすための資金を提供することが期待されています。

西村康稔経済相は、内閣の定例会見後の記者会見で、政府はマクロ経済レベルとミクロ経済レベルの両方で成長を改善することを目指して、できるだけ早くパッケージを編集すると述べた。

西村氏は、「民間投資を呼び込む政府支出を検討したい」と述べた。

日本経済は、コロナウイルスのパンデミックをめぐる全国的な緊急事態が経済活動を麻痺させた過去3か月間に記録的な戦後の縮小を記録した後、第3四半期に回復すると予想されます。

しかし、一部には企業や家計の支出が弱く、日本の政策立案者は財政および金融支援をさらに強化するよう圧力をかけられているため、回復はまだらである。

麻生太郎財務相は記者会見で、「いわゆる15か月予算という考えの下で、第3の追加予算と2021年度の初期予算を統一したものとしてまとめる」と述べた。

今年度、議会は、菅の前任者である安倍晋三政権下で、約57兆円の2つの補足予算をすでに制定しており、46兆円近くの赤字をカバーする債券を発行している。

余剰予算案は、来年1月に開かれる常会に提出される可能性が高く、その間に4月からの来年度の当初予算についても議論される予定である。情報筋によると、刺激策の新しい措置の一部は、2021年度予算によって賄われる予定です。

政府は、コロナウイルスの大流行と戦うために、2つの追加予算の下で合計11.5兆円の予備資金を確保しました。約7兆3000億円が残っており、新たな補正予算に振り向けられる見通しだという。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button