ニュース

菅顧問は、米国が内向きに転じる中、日本は「リーダーレス時代」に備える必要があると述べた。

首相の著名な経済顧問は、米国の世界的指導力が徐々に衰退する中、東京は「指導者のない時代」に備え、ワシントンとの安全保障同盟を強化しながら他の戦略的関係を拡大すべきだと述べている。

菅義偉首相は、現職のドナルド・トランプ氏が同盟を強化し、インドの平和と繁栄を確保したいと述べたにもかかわらず、先週の選挙で現職のドナルド・トランプ氏に勝利したことを祝福することに少し時間を費やした。 -太平洋地域。

しかし、米国の内向きへの懸念は何年にもわたって日本に根付いており、中国の軍事的および経済的主張の高まりに直面して激化し、トランプ大統領時代には、米国の外交指導者と菅の前任者である安倍晋三との比較的温かい関係にもかかわらず持続している。

飲料大手のサントリーホールディングスの最高経営責任者であり、国際ビジネスサーキットで有名な常連である菅顧問の新浪剛史にとって、バイデンは国際機関や同盟国との米国の関係を回復するという約束を歓迎します。

しかし、新浪剛史は、バイデンが選挙後にアメリカの深い国内分裂に直面しているため、米国の影響力が中国に比べて衰え続けると予想しているため、日本は複数のパートナーシップの推進を拡大する必要があります。

「ASEAN(東南アジア諸国連合)諸国とインドに足跡を残さなければならない」と彼はインタビューで述べ、同時に「安全保障の分野で米国とのさらなる関係を探求しなければならない」と述べた。

バイデンの選挙勝利直後に発表された別の声明の中で、新浪は「米国の世界的指導力が長期的に衰退することは避けられないと信じている。

「日本は日米同盟を深め続けると同時に、指導者のない時代に備えるために世界との関係を確立しなければならない」と新浪は述べた。

米国の世界的影響力の低下に対する懸念は目新しいものではないが、元外交官の三宅邦彦外交顧問は、バイデンが米国の「新孤立主義」への傾向から「逃げる」ことはできないと同意した。

「正教会がワシントンに戻ってきました。それを歓迎しますが、すべてが相対的であり、米国だけでなくインド太平洋地域の他の近隣諸国も含めて、より志を同じくする国が必要です」と三宅氏は語った。

戦略的関係のネットワークを拡大するという日本の目標の明確な兆候として、菅は9月に就任してから最初の海外旅行はベトナムとインドネシアに行き、そこで防衛関係を強化することに合意した。

それは、東京が米国、オーストラリア、日本、インドのクワッドグループを主催したことに続き、支持者は北京の影響力に対する防波堤と見なしている。中国はクワッドグループをその封じ込めを目的とした「ミニNATO」として非難した。

日本は、中国との深い経済関係と、北京の軍事的主張に対する懸念、およびワシントンと共有するサイバーセキュリティや知的財産保護などの問題に対する懸念とのバランスを取る必要があります。

菅の自民党(LDP)のタカは、中国に対してより厳しい路線を望んでいるが、政府筋によると、外交政策の比較的初心者である菅はまだ自分の道を感じているという。

日本の保守派の中には、バイデンがトランプよりも北京に向けてよりソフトな路線を採用するかもしれないと懸念する人もいますが、実質的な変化はほとんどないと予想する人もいます。

日本政府筋は匿名を条件に、「米国が(バイデンの下で)中国を説明する方法は変わるかもしれないが、一般的な方向性は同じである。中国を責任あるパートナーであり競争相手にする」と述べた。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button