ニュース

ソニーはPS5のウェブブラウザと1440pサポートの欠如に対処します

新しく発売されたゲーム機でよくあることですが、PlayStation 5は、箱から出して期待していたすべての機能をサポートしているわけではありません。日本のアウトレットAVウォッチへのインタビューで、ソニーのEVP伊藤順康とSVPの西野英明は、発売時には存在しない機能のいくつかに取り組んだ。

XboxシリーズX、シリーズS、およびそれらの前のOne X異なり、PS5はネイティブで1440pモニターに出力せず、代わりに1080pからスケールアップします。西野氏は、ソニーが当初はテレビのサポートに力を入れたかったからだと言うが、それができなかった技術的な理由はなく、十分な需要があると会社が判断した場合は追加される可能性があると述べている。

PS5にはWebブラウザがなく、PS3とPS4で設定された伝統から脱却します。西野氏は、特定のネットワークベースの機能(おそらく一部のWi-Fiネットワークや一部のパブリッシャー自身のアカウントシステムへのログインなど)に使用されるブラウザー機能を超えた個別のブラウザーアプリが本当に必要かどうか疑問に思っています。

PS5のVR互換性も少し不足しているように感じます。無料のカメラアダプターを申請する必要があり、ゲームはPS4の下位互換モードでしか実行できません。西野氏は、とにかくパフォーマンスが向上するゲームもあるかもしれないと指摘し、将来的にはより適切なPS5 VRソリューションを見たいと考えているが、それ以上コメントすることはできないと述べた。ブルームバーグ、ソニーが新しいPlayStationVRヘッドセットに取り組んでいることを今年初めに報告しました

 

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button