ニュース

日米米軍が日本で正式協議会を開催

日米は、米軍の駐留費用の日本負担分について、正式に実務レベルの協議を開始した。双方は、この問題の早期結論を求めることに合意した。

両国の外国と国防当局者は月曜日と火曜日にワシントンで会った。彼らはまた10月に会った。

当局は、日本の米軍が二国間同盟の中心であることに同意した。彼らはまた、日本の軍隊への財政的支援が軍隊の活動において重要な役割を果たしていることに同意した。

彼らは早期の結論に向けて取り組むことに合意した。彼らは、2021年度の予算案を作成するために日本が通過する必要のあるプロセスを考慮に入れる必要があります。

日本は、少なくとも来年度までは財政負担を現状のままにしたいと考えています。日本は12月末までに交渉を終わらせることを望んでいる。

米国の基地をホストするための日本の財政的貢献は、5年ごとに合意されています。寄付には、従業員が米軍基地で稼ぐ給与の一部が含まれています。また、基地の光熱費の一部も含まれています。現在の取り決めは3月に失効する予定です。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button