東芝が石炭火力発電所の建設を終了

日本の東芝は、世界がより環境に優しいエネルギーにシフトするにつれて、石炭火力発電所の新規受注を停止すると発表した。

同社の動きは、化石燃料発電部門のコストの上昇と利益の落ち込みが懸念される中で起こります。

同社はすでに発注済みの約10工場を推進する。また、メンテナンスを提供し、予備のタービンを大量生産し続けます。

コングロマリットは、太陽光発電や水力発電などの再生可能エネルギーへの投資を後押ししています。2030年度までにセグメントからの売上高を約62億ドルに3倍にすることを目指しています。

日本政府は、2050年までに国の温室効果ガス排出量を純ゼロに削減することを推進しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です