福島の住民は、ハンバーガーショップの再開が良い時代の復活を望んでいます

町の真ん中、駅前にあるペンギンハンバーガーショップは、福島双葉町の住民にとって水飲み場のようなものでした30年近くの間、この店は人々が一口立ち止まり、多くの場合、隣人にぶつかることができる場所でした。しかし2007年、所有者が病気になった後、地元の施設は閉鎖を余儀なくされました。

シャッターを切って約15年後、ペンギンは2011年の原発事故後に再開した福島で最初のレストランになる可能性は低いです。しかし、新しい所有者は、なじみのある味がまさに困惑した町が必要としているものであると言います。

ペンギンは福島第一原子力発電所からわずか2キロのところにあります。今年の3月、日本政府はついに地区の避難命令を解除し、災害後に人々が町の最初の地域に戻ることができるようになりました。この地区は、双葉の他の地域に比べて放射線レベルが比較的低いです。水とガスの供給がまだ回復していない限り、住民は戻っていません。しかし、ペンギンにはまだサービスを提供する顧客がいます。

レストランのすぐ隣には、東日本で日本大震災及び原子力災害記念館。9月にオープンし、災害のストーリーと教訓を強調することを目的としています。ペンギンはスタッフにも観光客にも人気があります。町の他の場所では、1,000台以上のトラックが平日に復興資材を運んでいます。ペンギンもこれらの労働者に食料調達します。

そして、古い渇望を満たすために町に戻っている人々がいます。

ペンギンが再開した10月1日に訪れた40代の男性は、「高校生のときにこのレストランに来ていた」と語った。「町は変わったけど、レストランが戻ってきて嬉しい。昔の生活を思い出すのに役立つ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です