ニュース

Appleは、新しいiPhone所有者にサードパーティのアプリを提案することで、独占禁止法の懸念を和らげる可能性があります

Appleは、Spotify楽天などのアプリ開発者Apple自身のアプリを不当に有利にしていると非難した後、昨年、多数の独占禁止法調査のバレルをじっと見つめてきました。しかし、Appleは、iPhoneとiPadのユーザーが最初にデバイスをセットアップしたときに、サードパーティのアプリ(Apple作成していないアプリ)を積極的に提案することで、一般的な懸念の少なくとも1つに対処できる新機能に取り組んでいるようです。AppleはAppleMusicと一緒にSpotifyを提案しますか?それはテーブルの上にある可能性があります。

9to5Macは、新しいiOS 14.3ベータ版の機能発見しました。添付のテキストから、この機能はAppleの現在のスタンスをぼんやりと見ている国々を満足させるように設計されていることがかなり明らかです。「地域の法的要件に準拠して、ダウンロード可能なアプリを引き続き表示してください」とコードの一部を読み、Appleがそうせざるを得ないと感じている地域でのみ展開されることを示唆しています。

Appleが実際にiOSの将来のバージョンでこの機能を実現すると仮定すると、Appleに反対している企業のいくつかを満足させるには十分ではないかもしれません。一つには、iPhoneのデフォルトのアプリセットは、Appleが優位に立つ唯一の場所であると彼らは主張している。Appleはまた、検索において独自のコンテンツを優先していると非難されており( Appleはそうではないと言っているが)、検索の変更と比較して、オンボーディングプロセスに固執するユーザーに少数のアプリを推奨する1回の試みはそうは思わない。できるだけ多くの影響を与えます。

しかし、Appleは今年そのような変更を複数行っているようだ。iOS 14では、ついに独自のデフォルトのブラウザメールアプリを設定できるようになりましたが、いくつかのバグが発生しています。

(Source)

 

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button