フランスが「エコサイド」法を導入し、最長10年の懲役で環境への損害を罰する

フランスは、計画されている「エコサイド」法の一環として、環境に重大な意図的損害を与えることを最大10年の懲役に処することを決定しました。フランス政府の大臣は、「一般的な汚染犯罪」を引き起こすために罰金も課されると述べた。

「エコサイド」法は、フランスの温室効果ガス排出量を削減するために気候変動に関する市民条約によって推奨された149の提案の1つでした。フランスのエマニュエルマクロン大統領は、これらの勧告のうち146件が法律で実施されると述べていました。

2019年にフランス政府によって結成された気候変動市民条約は、全国から150人で構成されています。

フランスの法務大臣エリックデュポンモレッティと生態学的移行大臣バーバラポンピリは毎週JDDに、「エコサイド」犯罪は最大450万ユーロ(約39.56ルピー)で制裁されると語った。大臣はまた、環境法の「意図的な違反」は、これらの決定の結果として、最高10年の懲役刑を引き付けると述べた。

「加害者の意図に応じて、罰はずらされます。」その目的は、環境法違反者に「廃棄物を川に捨てることによって生み出される利益の最大10倍」の罰金を科すことでした、と通信社AFPはフランスの法務大臣エリックデュポンモレッティが言ったと述べました。

大臣はさらに、「エコサイド」法の目的は、廃棄物を川に捨てることによって得られる利益の最大10倍の環境法違反者であると付け加えた。

フランスのエコロジー移行大臣であるバーバラ・ポンピリ氏は、フランスも「環境を危険にさらす」と呼ばれる犯罪を法定帳簿に追加すると付け加えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です