ニュース

ファイザーの会長は、予防接種を受けた人々がまだコロナウイルスを広めることができるかどうかを調べる必要があると言います

ファイザーの会長は、同社のコロナウイルスワクチンを接種された人々がまだウイルスを他の人に広めることができるかどうかは明らかではないと述べた。

Business Insiderのレポートによると、Albert BourlaはNBCの「Dateline」に、ワクチン接種を受けた人がまだコロナウイルスを感染させることができるかどうかについてさらに研究を行う必要があると語った。

ホストのレスター・ホルトはブーラに、「私は保護されていたとしても、それを他の人に伝えることはできますか?」と尋ねました。

その後、ブーラは、「これは検討する必要があるものだと思う。私たちが知っていることでは、現時点ではそれについて確信が持てない」と答えた。

このワクチンは、ファイザーと小規模企業のバイオエヌテックが共同で開発したものです。

ファイザーは、そのmRNAワクチンの有効率が95%であることを示すために、臨床試験データを引用しています。英国とバーレーンは、ファイザーのコロナウイルスワクチンを緊急使用することを承認した2つの国です。

報告書によると、このワクチンの開発に関係のない研究者は、ワクチンがウイルスの拡散に影響を与えるかどうかを会社の試験が評価しなかったことを強調しています。

Business Insiderによると、予防接種を受けた人がまだ他の人に病気を感染させる可能性があります。

米国食品医薬品局(FDA)が12月10日にワクチンを評価するために独立した専門家を集めているため、ファイザーはまだ米国からの承認を待っています。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button