プレスリリース

2020年から2025年までの需要と供給分析の増加による日本の複合飼料市場の概要

レポートは、実現技術、主要なトレンド、市場ドライバー、課題、標準化、規制状況、展開モデル、オペレーターのケーススタディ、機会、将来のロードマップ、バリューチェーン、エコシステムプレーヤーのプロファイルと戦略を含む、日本の複合フィードの詳細な評価を示します。 。レポートはまた2020年から2025年までの日本の複合飼料投資の予測を提示します。

日本の複合飼料市場は、予測期間中に3.7%のCAGRを登録すると予測されています。

日本の複合飼料市場は非常に競争が激しく、多くの主要なプレーヤーで構成されています。以下のような企業 カーギル社、オルテック社、JAPAN栄養株式会社、Feedone株式会社、日本農産工業株式会社。、アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド、CPグループフーズPCL、共同通信Shiryo会社、Nutreco NV、協同インターナショナル、INC。、とりわけCJCheilJedangCorp

リンクをクリックして、レポートのサンプルコピーを入手してください。

https://www.marketinsightsreports.com/reports/07202152260/japan-compound-feed-market-growth-trends-and-forecasts-2020-2025/inquiry?source=MW&Mode=SD48

レポートの範囲:

日本の食肉消費は健全な成長率を示しています。しかし、日本で消費される肉の大部分は輸入されています。輸入食肉価格の継続的な上昇と食肉需要の増加は、需要を満たすために生産を増やすよう地元の生産者に圧力をかけています。このような状況下で、畜産は予測期間中に健全な成長率を見ているため、複合飼料の需要が高まっています。カーギル、ニュートレコNV、株式会社協同インターナショナル、オールテック、日本農産工業、日本農産工業、フィードワンなどの大手企業が市場を支配している。2018年、ニュートリアドは渡辺ケミカルズと提携し、日本市場に製品を販売しました。Nutriadは、渡辺化学薬品の強力な流通ネットワークの助けを借りて、家禽、豚、

主要な市場動向:

肉および動物由来製品の需要の高まり

ライフスタイルの変化の中で肉の消費量が増え続けている日本は、肉食動物の国になりつつあります。特に豚肉と鶏肉の消費は国内で人気が高まっており、動物飼料市場を牽引しています。ライフスタイルの変化は、肉を多用する食事への移行を推進しています。OECDによると、2019年の一人当たりの豚肉消費量は16.2 Kg、家禽肉消費量は17 Kgであり、予測期間中に肉消費量はさらに増加すると予想されています。世帯収入レベルの上昇による加工肉およびタンパク質食の需要の増加は、間接的に動物飼料の需要を引き続き推進するでしょう。ITC Tradeによると、2016年に日本は41.7億米ドルを占めていた豚肉を輸入し、2019年には46億米ドルに増加しました。肉の消費量の増加が国内市場を牽引しています。

完全なレポートの説明と目次を参照してください:

https://www.marketinsightsreports.com/reports/07202152260/japan-compound-feed-market-growth-trends-and-forecasts-2020-2025?source=MW&Mode=SD48

レポートで説明されている市場要因は何ですか?

主要な戦略的開発:この調査には、研究開発、新製品の発売、M&A、合意、コラボレーション、パートナーシップ、合弁事業、および日本と地域規模。

主要な市場の特徴: レポートは、収益、価格、容量、稼働率、総生産、生産率、消費、インポート/エクスポート、供給/需要、コスト、市場シェア、CAGR、粗利益などの主要な市場の特徴を評価しました。さらに、この調査は、主要な市場のダイナミクスとその最新の傾向、および関連する市場セグメントとサブセグメントの包括的な調査を提供します。

分析ツール: 日本複合飼料市場レポートには、いくつかの分析ツールを使用して、主要な業界プレーヤーと市場におけるその範囲の正確に調査および評価されたデータが含まれています。ポーターのファイブフォース分析、実現可能性調査、投資収益率分析などの分析ツールを使用して、市場で活動している主要企業の成長を分析しました。

最後に、日本複合飼料市場レポートは、あなたのビジネスを飛躍的に加速させる市場調査を得るための信頼できる情報源です。レポートは、主要な場所、アイテムの価値、利益、制限、生成、供給、要​​求、市場の発展率と数値などの経済状況を提供します。このレポートはさらに、新しいタスクのSWOT分析、投機的達成可能性調査、およびベンチャーリターン調査を提示します。

このレポートの要点:

– Excel形式の市場見積もり(ME)シート

–クライアントの要件に従ってカスタマイズを報告する

–3か月のアナリストサポート

私たちに関しては:

MarketInsightsReportsは、ヘルスケア、情報通信技術(ICT)、テクノロジーとメディア、化学、材料、エネルギー、重工業などを含む業界の垂直市場に関するシンジケート化された市場調査を提供します。統計的予測、競争環境、詳細なセグメンテーション、主要な傾向、および戦略的な推奨事項が含まれています。

お問い合わせ:

Irfan Tamboli(営業部長)– MarketInsightsレポート

電話番号:+ 1704 266 3234 | + 91-750-707-8687

sales@marketinsightsreports.com irfan@marketinsightsreports.com

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button