ニュースプレスリリース

2026年までの在宅輸液療法装置市場予測と世界の産業分析

Trends Market Research

点滴療法は、カテーテルまたは針による薬の管理を伴います。在宅輸液療法は、糖尿病、胃腸疾患、癌、急性感染症、嚢胞性線維症、脱水症などのこれらの疾患の治療に利用されます。それは医師によって許可されているだけでなく、看護師や訓練を受けた専門家によって管理されています。この治療法は、経口薬が病気の治療に機能しない場合に利用されます。

世界の在宅輸液治療装置市場は、2017年末までに約XX億米ドルの市場価値に達し、2025年までにXX%のCAGR予測期間を記録すると予測されています。市場全体の成長は、主に糖尿病の増加によって促進されています。癌、痛みの発生の増加、老人人口の急増、これらのデバイスの使用に対する意識の高まりに加えて、在宅輸液療法の定住を奨励しています。
ただし、報告されたエラーと測定不可能な製品のリコール、訓練を受けた専門家と標準的な使用ガイドラインの欠如、および病気に対する適切な診断/治療の選択肢の欠如は、今後数年間の在宅輸液治療装置市場の全体的な成長を妨げる可能性が高いいくつかの側面です。

サンプルプレミアムレポートを入手するには、ここをクリックしてください@  https://www.trendsmarketresearch.com/report/sample/3380

市場セグメンテーション

製品タイプに基づいて、市場は輸液システムポンプアクセサリ、インスリンポンプ、使い捨てエラストマーポンプ、電子携帯型ポンプおよびPCAポンプに分割されます。使い捨てエラストマーポンプは、市場全体を支配し、8年間の予測期間中に強力なCAGRを示すことにより、最大の市場シェアを占めることになります。

アプリケーションに基づいて、市場は化学療法、非経口栄養、抗生物質投与経腸栄養、化学療法、非経口栄養、抗生物質投与、経腸栄養などに分類されます。非経口栄養は、他のセグメントの中で堅固なCAGRを記録するとともに、予想される期間にわたって支配的であると考えられています。

マーケットを購入またはカスタマイズするためのチェックアウトのお問い合わせ@  https://www.trendsmarketresearch.com/checkout/3380/Single

エンドユーザー市場は、介護センターと在宅介護の2つの大きなカテゴリーに分類されています。在宅ケアの設定は、予測期間中に最も収益性が高く、さらに、長期ケアセンターと比較して最高のCAGRを記録します。
地域は、ラテンアメリカ、北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、およびMEAに基づいて分割されます。北米は、評価期間を通じてXX%のCAGRで拡大することに加えて、市場全体をリードする可能性があります。ただし、APACは、評価期間中にXX%のCAGRを示すことにより、市場全体の収益の点でとりわけ最も急速に成長している地域になります。

主要な市場プレーヤー

市場全体で活動している著名なプレーヤーは次のとおりです。
•バクスターインターナショナルインク。
•Johnson&Johnson Private Limited(Animas Corporation)
•Becton、Dickinson and Company
•B。ブラウンメルスンゲンAG。
•ファイザー社。
•テルモ株式会社
•フレゼニウスカビAG
•スミス&ネフュー
•F。ホフマン-ラロシュAG
•MicrelMedical Devices S.A.

このレポートを購入する際の最良の割引については@  https://www.trendsmarketresearch.com/report/discount/3380

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button