ニュースプレスリリース理科

技術の進歩に触媒される内視鏡的粘膜切除術市場

内視鏡的粘膜切除術(EMR)と呼ばれる内視鏡的手法は、大きな遠位結腸直腸ポイルプの切除に使用されます。 EMRは、消化管の良性および初期の悪性病変の低侵襲、臓器温存内視鏡的除去のために開発されました。

EMRは、消化管の表在性新生物を治療するために使用されます。 Persistence Market Researchによる新しい調査レポートは、世界の内視鏡的粘膜切除術市場の分析とその概要に基づいています。 「内視鏡的粘膜切除術市場:グローバル産業分析2012年– 2016年および予測2017年– 2025年」というタイトルのレポートには、市場規模、成長率、価格分析など、市場の主要な側面が含まれています。

レポートのサンプルコピーを入手する@https://www.persistencemarketresearch.com/samples/13693

会社概要

ボストンサイエンティフィックコーポレーション
クックメディカルインク
オリンパス
インタースコープ株式会社
富士フイルムホールディングス株式会社
コンメッドコーポレーション
STERIS Plc

レポートの方法論を知る@https://www.persistencemarketresearch.com/methodology/13693

レポートの予測によると、世界の内視鏡的粘膜切除術市場は2017年に1,400百万米ドルを超える値に達し、2025年末までに2,500百万米ドルを超えると予想されています。収益の伸びは堅調に拡大すると予想されます。 2017年から2025年の予測期間中のCAGRは7.3%です。

この成長は、世界の内視鏡的粘膜切除術市場における新しい技術の進歩の結果であり、企業は市場に新製品を発売することでこれを最大限に活用する準備ができています。

世界の内視鏡的粘膜切除術市場:ダイナミクス

世界の内視鏡的粘膜切除術市場は、地方自治体によるさまざまな地域での医療セクターへの支出の増加などのマクロ要因を大きく支持しています。これにより、ヘルスケア業界で使用されるテクノロジーが全体的に改善されました。

これは、世界中で内視鏡的粘膜切除術の数を増やすのに役立ちました。市場はまた、メーカー間のコラボレーションを観察しています。相手先ブランド供給(OEM)およびサードパーティのサービスベンダーは、販売およびアフターサービスを効果的に提供するために、一部の地域でのコラボレーションおよびパートナーシップ活動に重点を置いています。

これにより、内視鏡デバイスのブランドイメージが高まり、最終的には世界の内視鏡的粘膜切除術市場の成長に役立ちます。

ただし、世界の内視鏡的粘膜切除術市場は、市場での新製品の発売に関する厳格な規則や規制により、成長の課題に直面する可能性があります。また、請求の不十分な返済は、内視鏡的粘膜切除術のような費用のかかる医療処置に費やす人々の意欲を制限します。

完全なレポートにアクセス@https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/13693

調査レポートからのセグメントのハイライト

地域に基づいて、アジア太平洋地域は予測期間中に7.9%の最速の成長率で世界市場を支配すると予想されます。世界の内視鏡的粘膜切除術市場におけるもう1つの魅力的な地域は、2025年末までに最大の市場規模を維持すると予想される北米です。

技術に基づいて、サックアンドカット技術は高いCAGRで最も収益性の高いセグメントですが、リフトアンドカット技術は予測期間中のより大きな市場規模でリードします。

適応症に基づくと、分析によれば、十二指腸がんと食道がんはどちらも魅力的なセグメントです。

エンドユーザーに基づくと、病院は最大の市場規模を維持しており、2025年末までに14億米ドルを超えると予想されています。

私たちに関しては:

Persistence Market Researchは、顧客体験の向上に関するワンストップソリューションを企業に提供するためにここにあります。 パーソナライズされた顧客とのやり取りを経て、「顧客関係」と「ビジネス成果」の間の「欠落した」リンクとして機能することにより、顧客のエクスペリエンスに付加価値を与えるために適切なフィードバックを収集します。 可能な限り最高のリターンが保証されています。

お問い合わせ:

永続性の市場調査
住所– 305 Broadway、7th FloorNew York City、
NY10007アメリカ合衆国
米国博士– + 1-646-568-7751
米国-カナダフリーダイヤル– +1 800-961-0353
セールス– sales@persistencemarketresearch.com
ウェブサイト– https://www.persistencemarketresearch.com

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button