ニュースプレスリリース

2021 年から 2025 年の予測期間中に 10.2% の CAGR で 615 億 7300 万米ドルの収益で成長すると予測された世界のラスト マイル配送市場 Brandessence Market Research による独占レポート [198 ページ]

ラストマイル配送の市場規模 サービスタイプ別 (B2B (企業間)、B2C (企業対消費者)、C2C (顧客対顧客))、配送時間別 (定期配送、同日配送、別) エンドユーザー(化学産業、製薬・ヘルスケア産業、ハイテク製品産業、食品・飲料産業、その他)2027年予測

ラストマイル配送市場に関する最新の調査レポートは、現在の市場動向に関する包括的な調査を提供します。結果には、収益予測、統計、成長傾向と競争環境、およびビジネスの主要なプレーヤーを示す市場評価も含まれます。

ラストワンマイル配送の市場規模と価値

ラストマイル配送市場は、2018 年に 311 億 9,800 万米ドルと評価され、2025 年までに 615 億 7,300 万米ドルに達し、予測期間全体の CAGR は 10.2% になると予想されています。

世界のラストワンマイル配送市場レポートの範囲–

ラストワンマイル配送は、商品をできるだけ早くエンドユーザーに配送するサービスです。これは、輸送拠点から最終目的地までの品目の移動として定義されます。ラストマイル配送サービスの需要の増加と相まって、物流業界の急速な成長は、ラストマイル配送市場の成長を牽引しています。さらに、大手企業や新興企業による輸送施設の拡大が市場の成長を後押ししています。生活水準の変化とスマートフォンの高い普及率も市場の成長に貢献しています。さらに、可処分所得の増加と容量の増加による技術の進歩と自動化は、ラストマイルデリバリー市場の成長を推進する要因の一部です。

オンライン注文の増加により、ラストマイル配送の需要が高まり、この分野の多くの企業の成長が急上昇しています。多くの消費者は、迅速な配達に追加料金を支払う準備ができているため、ラストマイル配送の需要が高まり、今後数年間で市場の成長が加速すると予測されています。経済的な燃料、小売価格、加速などの小型車の進歩は、最終製品を消費者に運ぶ際の輸送と操作の容易さの向上に役立っています。また、道路輸送活動は世界中で増加しており、これにより市場の成長が後押しされています。電気自動車の開発と導入、およびOEMによる厳しい排出基準は、ラストマイル配送市場の成長を後押しする可能性があります。しかし、ドローンやロボットによる配達が労働者や配達員の仕事に取って代わり、失業率が上昇することは、将来のラストワンマイル配達市場の成長を妨げる可能性があります。

このプレミアム レポートのサンプル コピーを入手 @ https://brandessenceresearch.com/requestSample/PostId/395

このラストワンマイル配送市場レポートの対象地域は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋およびその他の地域です。国レベルに基づいて、石油国の管状製品の市場は、米国、メキシコ、カナダ、英国、フランス、ドイツ、イタリア、中国、日本、インド、東南アジア、中東アジア (アラブ首長国連邦、サウジアラビア、エジプト)GCC、アフリカなど

ラストワンマイル配送会社 2020-

• United Parcel Service of America Inc.
• フェデックス・コーポレーション
• USPS (米国郵政公社)
• XPO ロジスティクス株式会社
• DHL インターナショナル GmbH
• Ryder System Inc. / MXD グループ
• シュナイダー・ナショナル・インク
• J.B.ハント・トランスポート社
•ArcBestCorporation
• SEKO Worldwide LLC (SEKO Logistics)

方法論のリクエスト @ https://brandessenceresearch.com/requestMethodology/PostId/395

世界のラストワンマイル配送市場のダイナミクス–

注文のための e コマースの採用の増加による、コミットされた e コマース流通契約と倉庫の拡大は、市場の成長を押し上げており、ロジスティクス プロバイダーに大きな利益をもたらしています。さらに、付加価値サービスの増加は、物流業界を後押しし、市場の成長を促進するための重要なトレンドであると考えられています。市場の成長を促進するロジスティクスプロバイダーによる自動車、医薬品、ハイテクなどのセクターへの注目の高まり。同様に、消費者の注目を集めている付加価値のある追加サービスを提供することで、ラストマイル配送市場の需要が高まっています。自動運転車、車両管理ソフトウェア、拡張現実、ロボティクス、モノのインターネット (IoT) アプリケーションなどの新しいテクノロジーは、サービスを強化し、生産性を向上させるためのロジスティクス サービスへのさまざまな方法を発見しています。主要なロジスティクス プロバイダーは、資産所有モデル、さまざまなサービス ライン、サービスを提供する顧客のタイプ、地理的範囲に基づいて分類されます。

グローバル ラスト マイル配信市場レポートの主な利点–

• グローバル市場レポートは、詳細な履歴分析と予測分析をカバーしています。
• グローバル市場調査レポートは、市場の紹介、市場の概要、グローバル市場の収益 (米ドル収益)、市場の推進要因、市場の制約、市場機会、競合分析、地域および国レベルに関する詳細情報を提供します。
• グローバル市場レポートは、市場での機会を特定するのに役立ちます。
• グローバル市場レポートは、新しいトレンドと競争環境の広範な分析をカバーしています。

完全なレポートの詳細 @ https://brandessenceresearch.com/technology-and-media/last-mile-delivery-market

グローバル ラストワンマイル配送市場セグメンテーション: –

サービスの種類別:

• B2B(企業間)
•B2C(企業から消費者へ)
• C2C (顧客間)

配達時間によって:

• 定期配達
• 同日配達

エンドユーザーによる:

• 化学工業
• 製薬およびヘルスケア産業
• ハイテク製品産業
• 食品および飲料産業
• その他

グローバルラストマイル配送市場: 地域および国別分析 (北米、米国、メキシコ、カナダ、ヨーロッパ、英国、フランス、ドイツ、イタリア、アジア太平洋、中国、日本、インド、東南アジア、ラテン、アメリカ、ブラジル、中東およびアフリカ、GCC、アフリカ、中東およびアフリカの残りの部分)

目次

1. 章 – 報告方法
1.1.研究プロセス
1.2.一次研究
1.3.二次研究
1.4.市場規模の見積もり
1.5.データ三角測量
1.6.予測モデル
1.7. USP の報告書
1.8。レポートの説明

2. 章 – グローバル ラストワンマイル配送市場の概要: 定性分析
2.1.市場紹介
2.2.エグゼクティブサマリー
2.3.世界のラストワンマイル配送市場分類
2.4.市場の原動力
2.5.市場の制約
2.6.市場機会
2.7.ラストワンマイル配送市場:トレンド
2.8.ポーターのファイブフォース分析
2.9.市場の魅力分析

3. 章 – グローバル ラスト マイル配信市場の概要: 定量分析

4. 章 – グローバル ラスト マイル配信市場分析: サービス タイプによるセグメンテーション

5. 章 – グローバル ラストワンマイル配送市場分析: 配送時間によるセグメンテーション

つづく…

私たちについて: Brandessence Market Research and Consulting Pvt.株式会社

Brandessence の市場調査では、有能で経験豊富な業界アナリストが作成した市場調査レポートとビジネス インサイトを公開しています。私たちの調査レポートは、航空、食品および飲料、ヘルスケア、ICT、建設、化学などを含む幅広い業界で入手できます。ブランドエッセンス市場調査レポートは、上級管理職、事業開発マネージャー、マーケティングマネージャー、コンサルタント、CEO、CIO、COO、取締役、政府、代理店、組織、および博士号に最適です。学生。インドのプネーに配送センターがあり、ロンドンに営業所があります。
+44-2038074155 までお問い合わせいただくか、sales@brandessenceresearch.com までメールでお問い合わせください。

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button