ピアソン、The Economist株の50%を売却:新オーナーとなるジョン・エルカーンとは?

ピアソンが、既存株主に対してThe Economist株の50%を売却。

普通株27.8%をアニェッリ一族の投資会社Exor(エクソール)に2億2750万ポンドで売却。残りはEconomist Groupが買い取り。

日本では、このExorがサッカーの強豪ユヴェントスのオーナーでもあるため、このあたりも注目されているようです。

ジョン・エルカーンについて

しかしやはり注目は、Exorの若干39歳のオーナーであるジョン・エルカーン。

イタリア自動車最大手フィアットをなんと若干32歳で引き継ぎ、故ジャンニ・アニェッリの孫として、90年代に業績低迷に陥っていたフィアットを回復させた御曹司。

彼の結婚式には、イタリアの問題児ベルルスコーニ元首相も出席するほどで、「イタリアのケネディ」の異名にふさわしい活躍です。

そんなエルカーンですが、なんと大学在学中の21歳にはフィアットの役員に抜擢されています。当時は「アニェッリの孫」という点のみで、その手腕は未知数でしたが、見事に業績回復に貢献。

同社では、ファッショニスタとしても知られる、弟ラポ・エルカーンも活躍していました。

さて、米GEなど国際的な企業でも経験を積んでいる兄エルカーンですが、 News Corpのボード・メンバーでもあります。同時にイタリア最大の日刊紙ラ・スタンパ(La Stampa)のチェアマンでもあります。

ここは個人的な関心ですが、エルカーンはBrookings Institution や MOMA にもかかわっています。

つまり、エルカーンやExorは、メディア経営の経験もあるわけです。同時に、若い御曹司であることから、単にNews Corpのようなメディア経営を進めるわけではないことも予想されます。

今回の売却の行方は?

では、この売却は成功するのか?という点ですが、個人的には期待が大きいです。

「若い経営者と伝統メディア」という組み合わせで言えば、Facebook創業者クリス・ヒューズとThe New Republicを思い出す人も多いでしょう。

アメリカの大統領専用機にも載せられる名門雑誌TNRですが、経営は低迷。ヒューズが経営に参画しましたが、そのクオリティは下がっていると言われています。

その意味で、この組み合わせには成功しなかった前例もあるわけです。

一方、エルカーンの手腕はすでに多くの人が認めていますし、Economistにとっては長期的な視座で、ブランドを守りつつ経営を進めていくには最適なパートナーに見えます。

MEDIA HACKでは何度も入っていますが、Economistは単なる雑誌ではありません。自由主義という1840年代のイギリスが生み出した時代精神を継承するブランドです。

その意味で、今回の買収には注目せざるを得ません。

http://www.theguardian.com/media/2015/aug/12/pearson-sells-economist-stake-exor

AUTHOR

石田健

石田健

1989年生まれ。THE MEDIA HACK 編集長。 大学在学中より、企業ブランディングファームに参画して、バイオ系上場企業の案件などを担当。 2011年の早稲田大学在学中に株式会社アトコレを創業。その後、大学院での研究生活を経て、2015年より株式会社マイナースタジオ代表取締役社長。2015年に株式会社メンバーズへ売却。 早稲田大学文学部卒業、政治学研究科修士課程修了(政治学)。