Instagram、30秒の動画広告など広告商品の販売をグローバルに本格化

Instagramが30秒のTVスポット広告のようなフォーマットの商品を販売開始。

イタリア、スペイン、メキシコ、インド、韓国など38の地域で、一気に国際展開していくそうです。

映画のプロモや新製品の発売などに最適な商品だと紹介されていますが、人気商品になりそう。eMarketerの予測によれば、Instagramのグローバルでの広告収入は $600万にまで跳ね上がるそう。

他にも彼らのブログでは、ギルト・グループのアプリDLが好調だったこととか、Made.comの販売が成功したことがアピールされています。カルーセルをはじめとして、広告のラインアップが揃ったので、本気出してきた感じ。

Facebookは、完全に買収を成功させましたね。すごい。

http://www.theguardian.com/media/2015/sep/09/instagram-advertising-services-landscape

AUTHOR

石田健

石田健

1989年生まれ。THE MEDIA HACK 編集長。 大学在学中より、企業ブランディングファームに参画して、バイオ系上場企業の案件などを担当。 2011年の早稲田大学在学中に株式会社アトコレを創業。その後、大学院での研究生活を経て、2015年より株式会社マイナースタジオ代表取締役社長。2015年に株式会社メンバーズへ売却。 早稲田大学文学部卒業、政治学研究科修士課程修了(政治学)。